アレルゲンフリーで安心な乳酸菌

【米のしずく】菊正宗酒造の乳酸菌「LK-117」配合

腸内環境を整える方法

腸内環境を整える方法は、いろいろとあるのですが腸内環境を整えるとどんな効果があるのでしょうか?

 

実際に調べてみましょう。

 

実は体の臓器の中で最も大事と言われている部分は腸内環境だと言われています。

 

その理由としては、腸は第二の脳といわれているくらいデリケートな部分となっており腸内の環境が悪くなることにより調子が悪くなりますが、腸内の環境が整うことにより体に良い効果をもたらしてくれると言われています。

腸内環境が乱れる原因

腸内環境が乱れる原因としては、現代人にはいろいろとあるのですがかたよった食事、不規則な生活、水分や食物繊維の接種不足などいろいろな要因が考えられます。

 

腸内環境がみだれることにより体の調子が悪くなりますし、免役機能が乱れるため体の防衛反応も悪くなります。

 

すると体へ悪い細菌やアレルゲンなどが侵入をすることにより体の調子を悪くする原因となってしまいますね。

 

その結果最終的には体の調子が悪くなり、体調を崩すなどの症状を引き起こすことになってしまいます。

 

症状を引き起こさないためには日ごろからの栄養の整った食事や規則正しい生活、水分や食物繊維を意識的に摂るようにするなどの症状が現れますので効果も期待できるものとなっています。

腸内の環境とは?

腸内には様々な細菌が住んでおり、およそ100億個から100兆個以上の細菌が住んでいると言われており腸内に生息をしていると言われています。

 

その中には体に良い効果をもたらしてくえれる善玉菌、体に悪い影響を及ぼす悪玉菌、優勢な方の見方をする日和見菌が豊富に含まれています。

 

腸内のバランスが整うためには、

 

善玉菌2

悪玉菌1

日和見菌7

 

この割合がベストだと言われていますが簡単に整うものではありません。

 

そのため、善玉菌と呼ばれているビフィズス菌などの働きを活発にすることにより体へ良い効果をもたらすことができます。

 

ビフィズス菌は体の中で最も多い善玉菌と言われており、体に調子を整えるためには最適だと言われています。

 

基本的には腸内に住んでいるだけでも良い働きをしてくれているのですが、より元気に働らいてもらうためには乳酸菌を飲むと効果も高くなります。

 

乳酸菌は腸内に住んでいる善玉菌などが住みやすい環境とエサになり元気に働いてくれる働きを持っていますので日ごろから飲むことが大事です。

 

腸内環境とは、腸に住んでいる菌を活発にしてくれるという効果がありますので日ごろから腸を意識していきましょう。

 

 

One Response to “腸内環境を整える方法”

コメントを残す