アレルゲンフリーで安心な乳酸菌

【米のしずく】菊正宗酒造の乳酸菌「LK-117」配合

腸内フローラの増やし方

腸内フローラは腸内環境と同じような意味となっていますが、その腸内フローラを整えることにより効果も高くなります。

 

腸は第二の脳と言われているくらい大事な臓器となっており、体の中で調子が整うことにより良い効果をもららしてくれます。

 

関連記事

腸内フローラとは?

 

 

その逆もかんがえられ、腸内環境が悪いと体に悪い影響を及ぼすことになりますね。

 

腸内フローラの状態が悪いと以下のような影響が生まれます。

 

・大腸がん

・便秘

・糖尿病

・免疫力の低下

・冷え性

・肌荒れ

・うつ

・不眠

・生理不順

・むくみ

・認知症

・感染症

・アレルギー

 

書き出すときりがないほど体に悪い影響を及ぼすこととなりますが、腸内フローラが整っていると良い効果をもららしてくれることにつながりますので日ごろから腸内フローラを整ておきましょう。

 

では、腸内フローラを良いものにする増やし方について書いていきましょう。

腸内フローラの増やし方 ヨーグルトは良い

腸内フローラと整えるためにヨーグルトや良いと言われています。

 

実は腸内フローラをと整えるためには善玉菌と悪玉菌、日和見菌のバランスを整えることです。

 

割合は

善玉菌2

悪玉菌1

日和見菌7

 

この割合が理想と言われていますね。

 

そのために善玉菌と呼ばれているビフィズス菌などの菌を体へ入れることと、その善玉菌が働きやすいようにエサになったり、環境を整えることができる乳酸菌を体へ入れることが一番早いです。

 

そのため、ヨーグルトはビフィズス菌も乳酸菌も含まれているものがありますのでそれを摂ることにより体の調子を整えることができます。

 

しかし、すべてのヨーグルトに乳酸菌もビフィズス菌も含まれていることはありませんので購入をする際にはどちらも含まれているものを飲むようにしましょう。

腸内フローラを増やす食べ物

少しタイトルの言葉がおかしいですね。

 

実際には腸内環境を整えることができる食べ物になりますが、先ほどのヨーグルトも含まれるのですが発酵食品や漬物にも含まれています。

 

乳製品だとヨーグルト、チーズ、乳酸菌飲料。

 

発酵食品だと味噌、納豆、甘酒など。

 

漬物はキムチ、ぬか漬け、ピクルス。

 

実はヨーグルト以外にも食べ物でも補うことができるのですが意識をして毎日食べなければ難しいので、できれば乳酸菌飲料を毎日決まった時間に飲むなどをしましょう。

 

乳酸菌を体の中へ入れ始めても2週間程度はかかりますので、毎日継続して飲める方法が腸内フローラを最も整える近道といえますね。

コメントを残す