アレルゲンフリーで安心な乳酸菌

【米のしずく】菊正宗酒造の乳酸菌「LK-117」配合

乳酸菌は腸内環境で善玉菌を元気にしてくれる

乳酸菌を飲むことで腸内の環境が整い体へ良い効果をもたらしてくれる。

 

これは乳酸菌というイメージから連動をされる情報となっていますが、実際に乳酸菌を飲むことで腸内環境をどのように整えてくれるのでしょうか?

 

先日「乳酸菌とビフィズス菌の違い」にも書きましたが、乳酸菌はビフィズス菌とは違います。

 

基本的な考えとしてはビフィズス菌は体の中で元気に活動をして体に良い効果をもたらしてくれる善玉菌となっており、乳酸菌は善玉菌が働きやすい環境を作るための働きをしている菌となっています。

乳酸菌で腸内環境を整える

実は腸内にはたくさんの菌がすんでおり、約1000種類1000兆個も存在をしているといわれています。

 

それらを3つのグループに分けることができます。

菌の分類 特徴
善玉菌 人の健康をサポートする菌で、強い抗酸化酵素を持っています。

体に良い効果をもたらしてくれる菌ですね。

悪玉菌 体に悪い影響を及ぼす菌となっていますが、少なければ問題ありません。

酸化酵素をもっています。

日和見菌 腸内環境に最も多く住み着いている菌で

善玉菌と悪玉菌の優勢なグループに見方をします。

このようにたくさんの菌が私たちの菌の中にいるのですが、腸内環境を整えるとは善玉菌が2、悪玉菌が1の2:1の状態を作り出すことが理想です。

 

その理由としては日和見菌は善玉菌と悪玉菌の優位な方を味方するという傾向がありますので体に良い影響ともたらしてくれる善玉菌を優位にしておくほうが効果も高くなります。

 

悪玉菌はない方がよいのでは?と思われるかもしれないですが、悪玉菌が全くない状態になると善玉菌が活性化しないことがわかっていますので悪玉菌も一緒の存在をしておくことが重要になります。

乳酸菌で腸内環境で健康効果がでるまでの時間

乳酸菌と飲むことにより先ほどの3つの菌が働きやすい環境を作り出しますので体の健康維持やダイエット、便通の改善などいろいろな効果が期待できます。

 

しかし、乳酸菌と飲んだからその日から効果が出るとは限りません。

 

実は腸内環境を整えていくために大事なこととしては、乳酸菌と継続して飲み続けるということです。

 

乳酸菌を飲み始めても腸内の環境をしっかりと作り上げるまでにはある程度の期間が必要で約数週間といわれています。

 

いろいろな乳酸菌がありますのでしばらくは飲み続けてみてください。

 

乳酸菌も合うものと合わないものがありますが「米のしずく」という菊正宗の乳酸菌はお米から作られている乳酸菌ですので日本人の体になじみやすいと言われています。

 

 

3 Responses to “乳酸菌は腸内環境で善玉菌を元気にしてくれる”

コメントを残す