アレルゲンフリーで安心な乳酸菌

【米のしずく】菊正宗酒造の乳酸菌「LK-117」配合

乳酸菌とは?性質について調べてみた

乳酸菌という言葉が世の中に広がり最近はいろんなところで目にするようになっています。

 

そんな乳酸菌について書いていきたいと思います。

 

そもそも乳酸菌とは?と気になっている方もいると思いますので紹介をしていきましょう。

 

乳酸菌とは世の中に存在をする菌の1つです。

 

その前に乳酸について書いていきましょう。

乳酸と乳酸菌は同じ?

よく運動をすると乳酸が溜まって疲労から抜け出せないなんて言われることもあります。

 

その乳酸と乳酸菌は同じ意味の乳酸なのでしょうか??

 

結論としては「全くの別物」となっています。

 

乳酸菌とは体に接種をされることにより腸内で乳酸と生成し悪玉菌が苦手としている酸性の環境を作り出すことで知られている存在ですが、トレーニングなどを行ったときに疲労物質として蓄積されてしまう乳酸とは全くの別物になります。

 

乳酸菌は体内に取り込まれることにより、胃によって分解をされ、そして腸内において善玉菌のエネルギーの源の役割で働いてくれます。

 

善玉菌を増やすことにより体に良い働きをして老化防止、生活習慣病の予防と改善、がん予防など体にとって良い働きをしてくれる機能をもっています。

 

それに対して、トレーニングや運動によって蓄積をされる乳酸とは、力を出すときにグリコーゲンやブドウ糖などといったエネルギー源が分解をされることにより老廃物として蓄積をされ、

 

その結果代謝の異常を引き起こしてしまうことにより筋肉痛を引き起こすものとなりますので名前は全く同じなのですが働きに関しては全く異なります。

乳酸菌とは?性質について

乳酸菌とは善玉菌が働きやすいように活動をしてくれる物質となっており体に直接効果をもたらしているものではなくビフィズス菌などが体の中で働きやすい環境をつくる性質をもっています。

 

乳酸菌とビフィズス菌の違い

 

ヨーグルトや牛乳などに含まれている乳酸菌は糖類を分解して乳酸菌と作る働きを持っている細菌の総称となっています。

 

乳酸菌は酢酸と呼ばれる酸を作り出す働きを持っており、生物の腸内で有害な菌や雑菌の繁殖を抑える働きをしています。

 

実は赤ちゃんや動物の子供などは抵抗力を高めるために体の中はほとんど乳酸菌で占められていると言われていますね。

 

乳酸菌とは体へ入れることにより腸内の菌の働きを活発にしてくれる力を持っています。

 

そのため、毎日の飲み続けることにより体の調子を整えることにもつながりますので乳酸菌を継続して腸内へ入れるようにしましょう。

コメントを残す