アレルゲンフリーで安心な乳酸菌

【米のしずく】菊正宗酒造の乳酸菌「LK-117」配合

乳酸菌の効果的な取り方 タイミングはいつ

乳酸菌と毎日腸内へ入れることにより体の調子を整える効果があることはわかっていただけたかと思います。

 

しかし、それだけでは効果は薄いものとなります。

 

実は乳酸菌を毎日飲んでいくために重要なことは「飲むタイミング」になります。

 

いつ飲めば最も効果的なのかを調べてみました。

 

乳酸菌の効果といえば腸内の環境を整えることにより体の調子を整える力を持っています。

 

また、最近は整腸作用以外にも内臓脂肪の低減や感染症の予防、健康の維持、アンチエイジングなどいろいろな効果が期待できるものであるとわかっています。

 

内臓脂肪の関しては面白いデータがあります。

 

ガセリ菌SP株という乳酸菌を含むヨーグルトを2日200グラム12週間食べると、含まないヨーグルトを食べた場合に比べて内臓脂肪が約8%減少していた。

 

つまり、ガセリ菌の乳酸菌を毎日飲み続けることにより内臓脂肪の軽減に効果を発揮し体全体の調子を整えることに成功をしたということです。

 

このように乳酸菌はまだまだ分からない効果を秘めているとても重要な菌となっていますので今後もさらに研究が進んでいけばと思います。

 

では、乳酸菌を取ることによりどのような効果が期待をできるのでしょうか?

 

ここで大事なことは乳酸菌は体の中のビフィズス菌などの善玉菌が元気に動けるように環境を作ることに長所がありますので、飲むタイミングは善玉菌が元気に行動できるタイミングといえます。

効果的に善玉菌をとるには?

乳酸菌やビフィズス菌は胃酸に弱いという特徴をもっています。

 

つまり、空腹時に飲んでしまうと胃酸が活発な状態となるため乳酸菌が元気に活動できなくなってしまいます。

 

そのため、乳酸菌は食後にとるようにしてください。

 

乳酸菌はオリゴ糖や食物繊維をエサにして活動をするという特徴をもっています。

 

そのため、食物繊維やオリゴ糖などを豊富に含んでいる野菜や果物を一緒に取ることでより効果を発揮してくれるといわれていますね。

 

乳酸菌を飲み始めても効果を発揮するまでには2週間程度かかるというデメリットがあります。

 

これは乳酸菌は腸内でビフィズス菌などが活動をしやすい環境をつくるというのが特徴なので、体になじむまでに少し時間もかかりますし体質によっても効果は異なりますので注意をしましょう。

 

乳酸菌を飲む際に注意点としては、ヨーグルトなどに含まれている場合に出荷をされてからだんだんと減りますので少しでも早く体の中へ入れるようにしてください。

コメントを残す