アレルゲンフリーで安心な乳酸菌

【米のしずく】菊正宗酒造の乳酸菌「LK-117」配合

乳酸菌の種類と効果 乳酸菌によって特徴が違う

乳酸菌の種類について書いていきましょう。

 

乳酸菌と聞くと効果の高いものとなっていますが、どのような効果が期待することができるのでしょうか?

 

例えば、

「腸内環境を整える力を持っていますので便通が良くなる」

「肌の調子が良くなる」

「ダイエットに効果があるので毎日飲んでいる」

 

など乳酸菌を飲むことにより効果を実感できるものとなっていますが、乳酸菌ならば何でもよいというものではなく飲む乳酸菌によって異なるようです。

 

乳酸菌がここ最近注目をされている理由としては、腸内環境の改善と免疫力に関係がしているからと言われています。

 

乳酸菌の種類は世の中に200種類あると言われており、同じ乳酸菌でも人によって効果のあるものとないものがあります。

 

また効果を実感するまでにはある程度の期間を要する点も乳酸菌の1つの特徴といえますし、薬のように誰にでも万人に効果のあるものではなく人のよって効果のまばらという特徴があります。

 

そんな乳酸菌について書いていきましょう。

乳酸菌の種類

ここで200種類の乳酸菌を紹介することはさすがに難しいので有名なところの乳酸菌をいくつか紹介していきたいと思います。

 

・乳酸菌シロタ株

これは乳酸菌といえば聞いたことがある方も多いと思いますが、ヤクルトに使われている乳酸菌で、昭和10年に見つかった歴史のある乳酸菌です。

 

胃液や胆汁などの消化液に強く、生きたまま腸内に到達をしてビフィズス菌を増やしてくれる効果があります。

 

・LG21乳酸菌

明治が保有をしている2500種類以上の乳酸菌ライブラリーの中から発見をした乳酸菌で、ほかの乳酸菌と比較をした場合に胃の中で生きる力が強くい特徴があります。

 

・L-92乳酸菌

カルピス社が発見をした乳酸菌で、アトピーや花粉症などのアレルギー症状の緩和を期待できます。

 

・ガセリ菌SP株

雪印のメグミルクが発見をした乳酸菌で生きたまま腸に届き長く腸内に滞在するため効果が高いと言われています。

 

・ラブレ菌

京都のすぐき漬けから発見をされた植物性の乳酸菌です。

 

・Lk117乳酸菌

大手の酒造である菊正宗が発見をした乳酸菌で、アトピー性皮膚炎に効果があると言われている乳酸菌です。

 

こちらもラブレ菌と同様で腸内にお米から作られていますので植物性の乳酸菌となっているためアレルギーの人でも飲むことができます。

 

乳酸菌といってもほかにも山ほど世の中に存在をしており、乳製品からできているものもあれば、植物性由来のものもありますのであなたの期待をする効果を期待するために継続して飲みましょう。

コメントを残す