アレルゲンフリーで安心な乳酸菌

【米のしずく】菊正宗酒造の乳酸菌「LK-117」配合

アトピー性皮膚炎は乳酸菌がおすすめ 小児にも効く

アトピー性皮膚炎を持っているお子さんも多いことでしょう。

 

実は最近子供だけでなく、大人もアトピーを発症している方が多いと話題になっていますね。

 

その理由としては昔と比較をして環境の変化は食生活の変化など様々な要因が重なってアトピー性皮膚炎を患っている人が増えています。

 

アトピー性皮膚炎の症状としては皮膚のかゆみ、いたみ、じゅくじゅくなどいろいろな症状が出てくることがあり実際に傍でみている人がつらくなりますよね。

 

かゆがっていてもできることは保湿をしたり、汗を拭いたりなど肌の状況を少しでも改善できるような方法しかありませんのでここでは根本からアトピー性皮膚炎に対してアプローチをする方法をご紹介します。

アトピー性皮膚炎は乳酸菌で効果あり 小児の原因

アトピー性皮膚炎を発症する人の多くの原因はいろいろとあるのですが、一番の原因は免疫バランスの乱れによる発症が一番言われている理由となっています。

 

免疫機能のバランスをつかさどっている細胞があります。

 

「ヘルパー1型T細胞」と「ヘルパー2型T細胞」の2つです。この2つが主な原因となってかゆみや痛みを起こすことになります。

 

特に2型の細胞が優位になることにより症状を発症させることも多いといわれていますね。

 

その原因を改善していくためには肌のケアをしているだけではだめです。腸内環境から体の調子を整えていかなければなりませんね。

 

アトピー性皮膚炎を乳酸菌で小児にも効果を発揮

アトピー性皮膚炎の症状を改善していくためには、体の中からアプローチをしていくことになります。

 

そこでおすすめは菊正宗が作っている米のしずくと呼ばれる乳酸菌の健康食品になります。米のしずくはその名前の通りお米から作られている乳酸菌の健康食品となっていますね。

 

原材料は「お米」となっていますので日本人の体にもなじみやすいというメリットもありますし、アレルゲンフリーで飲むことができるというメリットがあります。

 

そのため小児でも飲みやすくなっていますし、味もヨーグルト風味になっていますので毎日飲んでも飽きないという点もおすすめです。

 

なんといっても最大のメリットは「ヘルパー2型T細胞」が優位になっている状態を「ヘルパー1型T細胞」をふやして免疫機能のバランスを整える力をもっていますのでメリットが高いですね。

 

アトピー性皮膚炎で悩んでいる小児の状態を改善するためには体の中からアプローチをすると効果も高いのでぜひお試しくださいね。

コメントを残す