アレルゲンフリーで安心な乳酸菌

【米のしずく】菊正宗酒造の乳酸菌「LK-117」配合

乳酸菌の効果

乳酸菌と聞いて、一体どんなイメージをもっているでしょうか?

 

ちょっと聞いたことがある方なら思いつくことが、「便通がよくなる」「腸が元気になる」など腸内が元気になっていくというイメージを持っている方も多いでしょう。

 

私もその一人で乳酸菌が体に良い、健康に良いというイメージ程度しかもっていませんでした。

 

そこで、実際に乳酸菌の効果について書いていきましょう。

乳酸菌の効果

乳酸菌の効果の前に乳酸菌とは何?という根本的なことから書いていきましょう。

 

乳酸菌とはいわゆる腸内善玉菌と言われている菌ですね。

 

乳酸菌と摂ることにより腸内環境が整います。

 

そうなると体に良い効果をもたらすとされている善玉菌が増えますので最終的には体の調子を整えるということにつながりますので体に良いとされています。

 

乳酸菌の主な効果は?

・便通をよくする効果があるので便秘の解消

便通の善玉菌が増えることにより体の中の善玉菌が増えます。そうなった場合に腸内の活動がか活発になることから便通がよくなりますね。

 

・ダイエット

乳酸菌には内臓脂肪や皮下脂肪の代謝を上げて脂肪を減らす効果が確認をされたものがあります。

 

・免疫機能の向上

腸内から免疫機能と高める効果がありますので花粉症やアレルゲンなどの侵入を未然に防いでくれます。

 

このように体に良いことが多いのが乳酸菌の効果です。

 

乳酸菌の効果を2つにまとめると「整腸作用」「免疫機能の向上」になります。

 

腸は体の中でも重要な役割を持っている臓器となっており、腸が健康になると体全体に良い効果も期待ができますのでおすすめの商品といえます。

 

健康維持にも効果が期待をできますので、乳酸菌を継続して摂ることにより元気に活動ができるようになりますね。

乳酸菌とビフィズス菌の違い

乳酸菌と聞くともう1つ思い出す体の調子を整えるものがビフィズス菌になります。

 

実は違いがありそれぞれに定義があります。

 

乳酸菌は「消費したブドウ糖に対して50%以上の乳酸をつくること」。

 

それに対してビフィズス菌は糖から乳酸と酢酸を作り出しますが、酢酸のほうが割合が多いため乳酸菌の定義には入りません。

 

定義に違いがありますし、体の中に存在をしている量にも違いがあります。

 

乳酸菌はビフィズス菌の1万分の1~100分の1程度と言われており、ビフィズス菌は腸内の善玉菌の99%以上を占めています。

 

乳酸菌の効果について書いてきましたが、継続して飲むことにより体に良いメリットがありますので継続して飲み続けましょう。

コメントを残す