アレルゲンフリーで安心な乳酸菌

【米のしずく】菊正宗酒造の乳酸菌「LK-117」配合

乳酸菌の効果は健康維持のための細菌

乳酸菌は腸内環境を整える菌として人気を集めていますが、実際に飲み始めると便通が良くなったり、体の調子が整ってきたと実感している方も多いです。

 

そんな乳酸菌ですが、一体どんな仕事をしてくれるでしょうか?

 

乳酸菌の一番の仕事は腸内環境を整えることにより、体の調子を整える効果を発揮してくれるものです。

 

乳酸菌は腸内に約100兆個もの腸内細菌が存在をしており、その種類も数百種類以上になっています。

 

その中でも体に良い効果をもたらしてくれる菌を「善玉菌」、体に悪い効果をもたらす菌を「悪玉菌」と読んでいます。

 

乳酸菌が人体に入ることによりビフィズス菌などの体にとって良い効果をもたらしてくれる善玉菌を増やすためのエサになることで腸内環境を整えています。

 

そのため、毎日継続をして乳酸菌を飲むことにより腸内環境が整いますのでより効果を発揮してくれると言われています。

 

「人体の良い影響を及ぼす微生物、またはそれらを含む製品や食品のこと」をプロバイオティクスというのですが、乳酸菌やビフィズス菌を含んでいるヨーグルトなどの乳製品もプロバイオティクスだといわれています。

 

他にも納豆やみそ、ヤクルト、キムチなど発酵食品に豊富に含まれており、腸内環境を整えるだけでなく

 

・免疫力の強化

・花粉症の予防

・アレルギー症状の改善

・肌荒れ改善

 

など体の中から外に至るまで効果を発揮してくれるものとなっています。

 

乳酸菌を飲み続けることのより腸内の環境が整いますので、最終的に体の調子も良くなるというメリットがありますね。

 

関連記事

乳酸菌は腸内環境で善玉菌を元気にしてくれる

乳酸菌の効果 健康への有用性

乳酸菌の効果としては、腸内環境を整えることです。

 

もう少し詳しく書いていくと、腸内で体の良い効果をもたらすと言われている善玉菌が働きやすい環境を作ることに長けているのが乳酸菌の役割です。

 

 

腸内環境が整うと、免役機能が向上をしますので風邪をひきにくくなったり、インフルエンザなどのウィルスも体の中へ侵入をしずらくなりますので健康も整います。

 

実は腸内環境が整っていない場合にはお腹の調子が悪くなったり、風邪をひきやすい状況になることも多いです。

 

その理由として善玉菌が減少をしていることで腸内で善玉菌が元気に働くことができていないためだと言われています。

 

日ごろから乳酸菌を飲むことにより、善玉菌を増やしていくことにより健康維持にもつながりますので健康維持のためには乳酸菌は大事なものとなってますね。

コメントを残す