アレルゲンフリーで安心な乳酸菌

【米のしずく】菊正宗酒造の乳酸菌「LK-117」配合

乳酸菌とビフィズス菌は腸内での働きの違い

乳酸菌とビフィズス菌と聞くと、どちらも腸内を元気にしてくれるというイメージがありますが、具体的には全く違うものとなっています。

 

乳酸菌とビフィズス菌の違い

 

こちらに乳酸菌とビフィズス菌の大きな違いについては書いていますが、具体的な部分についてもう一度おさらいをしていきましょう。

乳酸菌とビフィズス菌の違い

乳酸菌とビフィズス菌の大きな違いは、どちらも腸内にすんでいる善玉菌であるということです。

 

しかし、腸内にすんでいる乳酸菌とビフィズス菌は全く数がことなりますのでよく理解をしておかなければなりません。

 

ビフィズス菌は腸内に最も多く住んでいる乳酸菌といわれており、人の腸内の中には1~10兆のビフィズス菌が住んでいると言われています。

 

そのため、腸内で元気に働き良い効果をもたらしてくれている菌といえますね。

 

それに対して乳酸菌も同じように腸内に住んでいるのですが、ビフィズス菌と比較をした場合に乳酸菌の数は1/1000~1/100以下になると言われています。

 

乳酸菌は糖を分解して乳酸を多く作り出す菌ですがビフィズス菌は乳酸以外にも酢酸を作り出し善玉菌として働きます。

 

腸内で元気な働きをしてくれる菌はビフィズス菌となっており、乳酸菌はビフィズス菌が働きやすい環境作るということに長けています。

 

乳酸菌をとることにより腸内で乳酸菌が元気に働いてくれていると思っている方も多いのですが、実際には乳酸菌が元気に腸内で働いているわけではなくビフィズス菌が元気に働いてくれることにより腸内環境が整い整腸作用があると言われています。

乳酸菌のヨーグルト

乳酸菌はヨーグルトや、牛乳など乳製品に豊富に含まれていますがビフィズス菌は基本的には含まれていません。

 

そのため、腸内で元気に働いてくれますが元の働くビフィズス菌はヨーグルトにはあまり含まれていないと言われています。

 

普通のヨーグルトは乳酸菌のサーモフィラス金とブルガリア菌で発酵しますが、ビフィズス菌入りのヨーグルトには乳酸菌だけでなくビフィズス菌も加えていますのでヨーグルトを食べれば良いというものではないのです。

 

そのため、ヨーグルトを食べる場合には乳酸菌だけのものよりもビフィズス菌も含まれているヨーグルトと購入することにより善玉菌として働くビフィズス菌と働きやすい環境を作り出す乳酸菌が働いてくれますので効果も高くなります。

 

以上がヨーグルトとビフィズス菌の違いになりますので理解をしておきましょう。

コメントを残す