アレルゲンフリーで安心な乳酸菌

【米のしずく】菊正宗酒造の乳酸菌「LK-117」配合

乳酸菌と便秘薬の違い 効果的なのはどっち

乳酸菌と便秘薬と聞くとどちらもお腹に為に良いものという認識がありますが、それは間違っていません。

 

どちらも便通をよくするという働きをもっていますので効果に関しては間違いないと思います。特に女性には便秘の人も多くいますので体に不調が現れる場合もありますので知っておきたいポイントと言えますね。

 

そこで、ここでは乳酸菌と便秘薬についての違いとおすすめのものを紹介していきたいと思います。

乳酸菌と便秘薬の比較

どちらも似ていますが、違いについて書いていきましょう。

 

便秘薬とは?

便秘薬はお腹のハリを抑える薬と言われています。

 

便秘薬を飲んで便通をよくして体の調子と整えていく。そんな薬なのですが、まず知っておきたいことが「根本的な改善にはならない」と言うことです。

 

便秘薬は体の調子と整えるためにいわば荒療治的な方法になっています。お腹がはってきた。でも便が出ないので便秘薬に頼って便通を良くしていこうという考えになります。

 

そのため、一時的にはよいかもしれませんが次第に体の薬の成分に慣れていくのでどんどん強い便秘薬になっていきますので注意をして下さい。あくまでも一時的な方法として知っておきましょう。

乳酸菌とは

乳酸菌は腸内に届く菌のことを言います。

 

乳酸菌には体に良い作用をもたらせる善玉菌と、体に有害な作用をもたらす悪玉菌が存在をしています。どちらも腸内には存在をしているのですが、乳酸菌と飲むことにより腸内の善玉菌を増やしてくれる働きを持っていますね。

 

腸内で活発に働いてくれることにより、腸内環境を整えて便通をよくしてくれる働きをもっています。また、便秘以外にも下痢の改善、免疫力のアップ、アレルギーの抑制など便秘の改善以外にも効果を発揮してくれます。

便秘薬と乳酸菌の効果

上記の2つを比較してみると大きな違いがあることがわかっていただけると思います。

 

便秘薬の場合は一時的な改善の方法という印象が強くそのまま一生続くわけではありませんので乳酸菌をコンスタントに飲み続ける方が効果も高いものと言われています。

 

腸内の改善という効果が期待をできますし、便秘の改善以外にも効果が期待をできますのでおすすめですね。便秘薬の場合は一時的な要素がありますが、乳酸菌の場合は飲み続けて根本から改善をしていくと言われていますので、便秘で悩んでいる方やすでに便秘薬に頼っている方は乳酸菌を利用してください。

 

乳酸菌にもいろいろな種類がありますが、おすすめの商品は米のしずくです。大手の酒造である菊正宗が作った商品なので安心感もある商品となっていますよ。

 

コメントを残す