アレルゲンフリーで安心な乳酸菌

【米のしずく】菊正宗酒造の乳酸菌「LK-117」配合

乳酸菌とビフィズス菌の違い

乳酸菌とビフィズス菌。

 

どちらもよく聞く言葉ですが、実際にどう違うのかご存知ですか?実際に飲むときに効果には違いがありますので理解をしておきましょう。

 

では、乳酸菌とビフィズス菌の違いについて書いていきましょう。

 

どちらも善玉菌と含んでいるのですが、ビフィズス菌は乳酸菌の1種類という考えになります。

ビフィズス菌とは?

ビフィズス菌は、乳酸と酢酸を作り出す細菌で、生物学上の菌属は「ビフィドバクテリウム」と呼びます。

 

ビフィズス菌は糖を分解して作り出すと言われています。乳酸菌と大きく違うポイントは、強い殺菌力を持つ酢酸やビタミンB群、葉酸を作り出す点です。

 

ビフィズス菌は私たちの腸内の99.9%がいるとされていますのであなたの腸内にたくさんのビフィズス菌がいて体のために働いてくれています。

 

乳酸菌とは?

乳酸菌とは、乳酸をたくさん作り出すことにより体に良い効果をもたらす菌となっています。

 

乳酸菌とは最近の総称となっており、生物上の分類は菌類とされています。

 

腸内にはもちろん存在をしているのですが、基本的には乳酸菌はビフィズス菌の働きをサポートに徹しており、ビフィズス菌が生きやすい環境をつくる役割を担っています。

 

乳酸菌は糖を分解して酢酸と作っています。

 

乳酸菌の定義の1つとして

「糖(グルコース)を分解して作る代謝物の50%以上が乳酸であること」があります。

 

ビフィズス菌も糖から乳酸を作り出しますが、それ以上に酢酸を作り出すため厳密には乳酸菌の一種とは言えないのです。

 

このように乳酸菌とビフィズス菌はよく似ている言葉となっていますが、

 

・ビフィズス菌は腸内で働いてくれるこれます。

・乳酸菌は腸内で働いているんビフィズス菌をサポートしており、働きやすい環境を作ってくれています。

 

このような違いがありますね。

乳酸菌とビフィズス菌はどっちが腸に働いている

ここまで読めばわかりますが、ビフィズス菌は体の中で一生懸命働いているということがわかっていただけかと思います。

 

乳酸菌は人気となっており、飲むと体の調子を整える力をもっています。

 

便通が良くなったり、美容、ダイエット、肌がきれいになる、アレルギーの改善など効果が期待できます。

 

乳酸菌と飲むということは腸内のビフィズス菌の働きを良くするということですので効果が期待できます。

 

しかし、一回きりではなかなか効果も薄いので毎日継続して飲み続けることで体の調子も整いますので毎日乳酸菌を一回飲むことを心がけましょう。

4 Responses to “乳酸菌とビフィズス菌の違い”

コメントを残す