アレルゲンフリーで安心な乳酸菌

【米のしずく】菊正宗酒造の乳酸菌「LK-117」配合

花粉症に効く乳酸菌の種類

花粉症に乳酸菌が効果があります。

 

その理由は免役細胞のバランスを整えてくれることにより体へ侵入をしてくる花粉などのアレルゲンの侵入を防ぐことができるからですね。

 

しかし、乳酸菌にはいろいろな種類があるため一概にすべての乳酸菌が効果を発揮するとは言えないのでここでは花粉症に効果のある乳酸菌について紹介をしましょう。

花粉症に効果のある乳酸菌

乳酸菌と聞くと、頭に浮かぶものはヨーグルトなどの乳製品になっています。

 

乳酸菌は基本的に乳製品に豊富に含まれていることから人気をあつめていますね。

 

しかし、ヨーグルトに含まれている乳酸菌は実は1種類ではなくいろいろな種類が入っていますので理解をしておきましょう。

 

乳酸菌の働きをして最も求めていることは「免疫機能のバランスを整えることと腸内環境の改善」にありますので実際に効果のある乳酸菌について書いていきましょう。

乳酸菌の種類

・LG21乳酸菌→明治 LG21ヨーグルト
・1073R-1乳酸菌→明治 R-1ヨーグルト
・フェカリス菌→伊藤園 朝のYoo
・KW乳酸菌→小岩井 KW乳酸菌ヨーグルト
・L-92乳酸菌→カルピス アレルケア
・ラブレ菌→カゴメ ラブレ
・BE80菌→ダノンBIO

 

種類はいろいろとあるのですが、実はヨーグルトの乳酸菌は人によって効果も大きく異なります。

 

そのため、乳酸菌を飲む際に1つ決めて2週間程度は飲み続けてください。

 

なぜ、2週間も必要なのかというと乳酸菌が体の中へ入ってから腸内環境を整えるまでかかる期間が2週間と言われています。

それは実際に乳酸菌が体の中へ入って浸透をするまでの時間を指していますので理解をしておきましょう。

花粉症に乳酸菌が効果的 飲むタイミング

乳酸菌を飲み続けることにより花粉症などから防ぐことができますのでおすすめです。

 

しかし、飲むタイミングを間違えると乳酸菌の効果も半減して今いますので気を付けましょう。

 

乳酸菌は腸へ届くことにより効果を発揮してくれるのですが、胃酸に弱いという特性をもっています。

 

そのため、食事を摂ってから乳酸菌を体の中へ入れることにより、乳酸菌が生きたまま腸へ届くことになります。

 

朝ならば朝食を食べてからなど毎日同じタイミングで飲むことにより乳酸菌がエサとなり体の中のビフィズス菌などの善玉菌を活発にしてくれます。

 

タイミングとある程度の期間を見計らって飲んでくださいね。

 

One Response to “花粉症に効く乳酸菌の種類”

コメントを残す