アレルゲンフリーで安心な乳酸菌

【米のしずく】菊正宗酒造の乳酸菌「LK-117」配合

花粉症は乳酸菌の効果で抑えられる

花粉症とは体の中へアレルゲン物質となる花粉が体の中へ侵入をしてくることにより起こる症状となっています。

 

基本的な症状は鼻水、くしゃみ、鼻づまりといった鼻の三大症状のほかにも目のかゆみ、涙、充血、喉の痒みや腫れ、皮膚の痒み、下痢、発熱などが挙げられます。

 

顔のあらゆる部分がしんどい状況になり、毎年のようにキツイ症状に悩まされますので問題といえます。

 

原因としては、スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリなどの花粉が身体に侵入することにより、アレルギー症状でますね。

 

現在、日本人の約25%が花粉症であるといわれており、春や秋など花粉が舞う季節になると多くの人がその症状に悩まされます。

 

実が私も花粉症で悩まされている一人となっており、花粉の時期になると外へ出ることも億劫になりますので本当に嫌になってしまいます。

花粉症と乳酸菌の関係

そんな花粉ですが、実は体の中にある免疫機能が大きな影響を及ぼしているといわれています。

 

免疫機能とは体の中へ侵入をしてくる際に花粉などのアレルゲンとたたかってくれる体の防衛反応なのですが、花粉症の症状を発症すると免疫機能がきちんと働かないことからより花粉症の症状を引き起こすこととなります。

 

その原因は免疫機能のバランスの乱れによるものが大きいといわれていますね。

 

乳酸菌と服用することにより体の免疫機能のバランスを整えてくれることとなります。

 

免疫機能にはヘルパーT細胞1型とヘルパーT細胞の2型があります。

 

免疫機能のバランスが崩れているときはヘルパーT細胞2型が体の中で優位になっている状態ですので、そのバランスともとに戻さなければなりません。

 

乳酸菌を飲むことにより体の中の免疫機能を整える働きがあり、少なくなっているヘルパーT細胞1型を補ってくれる力があります。

 

そのため、花粉症に対して効果があるといわれています。

花粉症におすすめの乳酸菌

花粉症のおすすめの乳酸菌はカルピスやヤクルトのようなものではなく、豊富に乳酸菌が含まれているもののほうが良いでしょう。

 

そのため、ヨーグルトなどよりも乳酸菌の健康食品の方がおすすめですね。

 

例えば、菊正宗の作っている米のしずくはお米から作られている乳酸菌ですので日本人の体のなじみやすいという力をもっていますのでおすすめです。

 

他にもいろいろな乳酸菌がありますのであなたの体に合うものが良いですが、継続して飲めるものにしておきましょう。

 

最低でも効果が出るまでは2週間はかかりますので春先に前には飲み始めたいものですね。

One Response to “花粉症は乳酸菌の効果で抑えられる”

コメントを残す