アレルゲンフリーで安心な乳酸菌

【米のしずく】菊正宗酒造の乳酸菌「LK-117」配合

米のしずくはいつ飲む?

米のしずくは大手の酒造である菊正宗が作っている乳酸菌の健康食品として人気になっています。

 

そんな米のしずくですが、独自の乳酸菌Lk117と呼ばれる乳酸菌が腸内で働くことにより効果を発揮するのですが、気になることは米のしずくは「いつ飲む?」のでしょうか?

 

タイミングについて書いていきましょう。

 

まず、飲む量はドリンクタイプならば一日に1本、タブレットタイプならば一日に3粒が目安となっています。

 

たくさん飲めば効果が期待できると思っている方もいますが「乳酸菌の取りすぎは腹痛や下痢の原因になる」の記事を読んでいただけるとわかると思いますが、飲みすぎても良いことはあまりありませんので注意をしましょう。

米のしずくを飲むタイミング

米のしずくを飲むタイミングなのですが、気を付けて飲むことが必要となります。

 

乳酸菌の役割は腸内へ届いて、善玉菌のエサになり腸内で元に善玉菌が働けるようにすることにより腸内環境を整える力をもっています。

 

→乳酸菌とビフィズス菌は腸内での働きの違い

 

腸内環境を整える体に良い効果をもたらしてくれるのですが、飲むタイミングを間違えるとせっかくの乳酸菌の働きが生きなくなりますのでもったいないですね。

 

乳酸菌を飲むタイミングは「食後」です。

 

その理由としては、乳酸菌は胃酸に弱いという特徴をもっています。

 

そのため、空腹時に乳酸菌を飲むことにより胃酸でほとんどが失われてしまうために腸内まで乳酸菌が届かなくなりますのでもったいないです。

 

しかし、ある程度食事を摂ることにより胃酸が食べたものを消化するために力を入れることになりますので、乳酸菌を飲むことにより腸内まで届くメリットがありますね。

 

乳酸菌を飲んでも腸内にある善玉菌まで届かなければ意味がありませんので朝一番などに飲むのではなく、食後に飲むようにしましょう。

乳酸菌の効果が出る期間

乳酸菌はいつ飲むと良いのかということを考えて飲むことにより効果もさらに高くすることが可能となります。

 

しかし、乳酸菌は腸内環境を整えて善玉菌が元気に働けるようにすることが仕事となりますが一日飲んだ程度効果はありません。

 

乳酸菌は飲むものや飲む人の体の状態もよりますが大体2週間程度はかかるといわれています。

 

乳酸菌は腸内で徐々に働いていくことで環境を整えて行きますので継続して飲んでいくことで体の調子を整えることになりますので、米のしずくも毎日同じ食後のタイミングで飲むようにしましょうね。

コメントを残す