アレルゲンフリーで安心な乳酸菌

【米のしずく】菊正宗酒造の乳酸菌「LK-117」配合

米のしずくは下痢や生活習慣病にも効果あり

米のしずくの主な役割は腸内環境を整えて、悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことです。

 

腸内の環境のことを腸内フローラと呼ぶことがあります。腸内フローラとは、腸内細菌叢(さいきんそう)のことを指しますね。人間の腸内には100種類以上で100兆匹の菌が生息をしていると言われています。

 

これらの菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分類をされます。いろいろな菌が生息をしている状況といろいろな花が咲いているようだという例えから腸内フローラ(英語でflora)と呼ぶようになりました。

 

下痢に効果を発揮する前に菌について勉強しておきましょう。

善玉菌→アレルギーや便秘などを改善してくれます。人間の体にとって良い影響を与えてくれる菌。
(ビフィズス菌など)

悪玉菌→アレルギーや便秘や下痢を引き起こす菌です。善玉菌の逆で悪い影響を与える菌。
(大腸菌・黄色ブドウ球菌など)

日和見菌→中立的な立場の菌で善玉菌もしくは悪玉菌どちらかが優勢になった場合に優勢な方に味方につく菌。

この3つばバランスとっており体の調子を整えてくれるのですが、腸内フローラのバランスが崩れてしまい悪玉菌が優勢になるとアトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状。

 

他にも便秘や下痢、老化、肌荒れなど様々な生活習慣病に繋がっていきます。そのため、腸内のバランスを整えるために意図的に善玉菌を飲めばより体にとって良い部分も出てきます。

 

善玉菌を増やしためには乳酸菌を飲めばより効果を発揮してくれます。米のしずくには腸内の善玉菌を増やしてくれる善玉菌が豊富に含まれていますので効果を発揮してくれますね。

 

継続的に飲み続ければ善玉菌が入っている状態で腸内が安定をしますのアトピーも改善にも効果を発揮すると言われいます。

 

下痢の症状が現れる場合には体の中の悪玉菌が多くなっており腸内のバランスが崩れている状態になります。そのため、善玉菌が豊富に含まれている菊正宗の乳酸菌LK117を飲めば体にとってメリットの高いものとなりますね。

 

米のしずくは大手の酒造である菊正宗が作った乳酸菌の健康食品となっています。元々は酒造が得意としている発酵技術を活かして造った乳酸菌で主原料は「お米」です。

 

お米から作られていますのでアレルギーの方も問題なく飲むことができますし、日本人に普段から馴染みのあるお米なので体にもなじみやすいです。

 

下痢になる前に善玉菌を増やして体の調子を整えてくださいね。

 

コメントを残す