アレルゲンフリーで安心な乳酸菌

【米のしずく】菊正宗酒造の乳酸菌「LK-117」配合

腸内フローラとは?

腸に関する言葉がたくさん出てきていますが、それぞれ違う意味はあるようです。

 

ここでは乳酸菌の米のしずくのことについていろいろと書いていますが、腸内環境を整える米のしずくの情報をお届けしていくためにもここでは「腸内フローラ」について書いていきましょう。

 

関連記事

乳酸菌は腸内環境で善玉菌を元気にしてくれる

腸内フローラはたくさんの細菌からできている

腸内フローラとは私たちの腸内に住んでいる細菌の集合体のことを言います。

 

特に小腸から大腸にかけてたくさんの細菌が種類ごとにグループを形成してまとまり、腸の壁面にすんでいます。

 

これを顕微鏡で見たときに、まるでお花畑のように見えることから「腸内フローラ」と呼ばれるようになりました。

(※「お花畑[英] flora」)

腸内環境との違いは、腸内フローラは腸内の細菌が集まっている状況がまるでお花ばたけのように見えることからその名前がついてますが、腸内環境はその腸の状態のことをいいます。

 

腸内には善玉菌と悪玉菌、日和見菌の3つの菌がバランスよくいることで環境が整っている状態だといえます。

 

腸内フローラで腸内の状態が良いことを「腸内環境が整っている」という言葉で表すことができるということですね。

 

ちなみに、「理想の腸内環境」と「理想の腸内フローラ」はどちらも同じ意味の言葉として使うことができます。

腸内フローラの理想はどんな状態

腸内フローラの理想的な状態は、善玉菌が2:悪玉菌が1:日和見菌が7の状態が理想です。

 

日和見菌は優勢な方の見方をする力がありますので、体に良い効果をもたらしてくれる善玉菌を優勢にしておく必要があります。

 

悪玉菌が0でもよいのではと思う方もいますが、悪玉菌も存在をしていることにより善玉菌も元気に働くことができますのでより効果も高いものとなっていますね。

 

腸内フローラのバランスは、体調・食生活・年齢・ストレス・薬の服用などいろいろな要因により異なります。

 

整っていない状態ならば肌荒れ、体調不良、肩こり、老化、便秘など体にとって悪い影響を及ぼすこととなりますので注意をしましょう。

 

腸内フローラは乳酸菌を飲むことにより腸内環境にいる善玉菌などが働きやすい環境を作ることに長けています。

 

そのような理由から乳酸菌飲むことにより、腸内環境が整い体の調子も良くなると言われています。

 

腸内フローラを整えると体の調子も整いますので、乳酸菌を継続して飲み続けましょう。

2 Responses to “腸内フローラとは?”

コメントを残す