アレルゲンフリーで安心な乳酸菌

【米のしずく】菊正宗酒造の乳酸菌「LK-117」配合

アトピー性皮膚炎は塗り薬で治療 ステロイドが主流

アトピー性皮膚炎の症状を抑えたいと思った場合に、皮膚に直接塗り込みをして治療をすることになることがあります。

 

これは治療をしていく場合に大事なこととなっていますが、あまり症状がひどい場合にはステロイドなどキツイ薬を利用する場合もありますね。

 

実はこのように皮膚にキツイ薬を利用している方も多いことは事実となっており、実際に改善をしたいと思った場合に気を付けて行わなければ効果が得られない場合もあります。

 

しかし、ステロイドは悪いことばかりではないのでまずはステロイドについて知りましょう。

ステロイドとは?

実はステロイドは自分の体の中から作られているホルモンの一種になります。副腎皮質という臓器から一日に一定量が作られていると言うことになりますね。

このステロイドホルモンの大きなメリットは炎症反応を抑制してくれますし体内の免疫バランスと整えてくれる働きも持っています。

炎症とは体の皮膚が火事になっている状態とイメ―ジをしてもらうとわかりやすいと思います。その状態のままではいつまでもかゆみ、痛み、じゅくじゅくした状態)となってしまいますね。

その状況を改善してくれるのがステロイドの役割となっていますので理解をしておきましょう。

アトピーの症状がでる場合の大きな原因は免疫機能のバランスの乱れになります。

 

その免疫機能を整えてくれる働きを持っているのですが、メリットばかりではなくもちろんデメリットもありますので理解をしておきましょう。

ステロイド剤のデメリットと副作用

ステロイドにはメリットもあればもちろんデメリットもある薬となっています。

 

大きな症状として現れるのは「皮膚が薄くなり傷がつきやすくなる」「血管が弱り、皮膚が赤くなる」「皮膚が病気にかかりやすくなる」の3つのが主な原因となっています。

 

このような症状がでるリスクもありますのでステロイド剤はあまり使わない方が良いと言われることもありますが、基本的には使う回数や量を調整していくことが大事ですね。

アトピー性皮膚炎の塗り薬 ステロイドは不安

ステロイドにはメリットがあればもちろんデメリットもあります。

 

これは大きなデメリットとなりますので理解をしておきましょう。その際に大事なこととしては、ステロイドに頼るのではなく乳酸菌の力はいかがでしょうか?

 

実は米のしずくという乳酸菌の健康食品には体の免疫機能を整える力があります。お米由来の成分から作られていますのでアレルゲンフリーで飲むことが可能となっていますし、お米なので日本人の体にもなじみやすいというメリットがありますね。

コメントを残す