アレルゲンフリーで安心な乳酸菌

【米のしずく】菊正宗酒造の乳酸菌「LK-117」配合

アトピー性皮膚炎のスキンケアの説明

アトピー性皮膚炎は強いかゆみや痛みが伴う皮膚の病気です。

 

発疹の場所は広範囲にわたっており、顔や首、ひじ、ひざなと全身に広がりますが体の関節の部分に出ることが多いですね。

 

2002年の情報になりますが、4か月児で12.8%、1歳6か月児で9.8%、3歳児で13.2%、小学1年生で11.8%、小学6年生で10.6%、大学生で8.2%がアトピー性皮膚炎だと言われています。

 

身近にいない人も多いかもしれないですが、実際にはアトピー性皮膚炎で悩んでいる方が多い現状があると言うことになりますね。

アトピー性皮膚炎の皮膚の状態

アトピー性皮膚炎が起こる原因としては、皮膚のバリア機能が弱まり皮膚の水分が外で出てしまっている状態で乾燥をしているという状況です。

 

そのため、かゆみや痛みが起こると言われていますね。

 

皮膚が乾燥していると、外部からの刺激(アレルゲンやウィルス)を受け、かゆみを感じます。そこで思わずに掻いてしまうと、皮膚に傷が生じたりその傷口が悪化して、皮膚の状態がさらに悪化していく状態となります。

 

掻いた刺激によりかゆみが増すため、繰り返し搔くことにより肌の状態が悪化していくという悪循環になりますね。

 

また、体の免疫機能も関係をしていると言われています。免疫機能のバランスを整える細胞があるのですがその細胞のバランスが崩れていまい片方の細胞に傾いてしまう状態に陥ります。

 

そのままの状態になると皮膚の状態は悪化をしていきアトピー性皮膚炎の症状がどんどんでてくるという悪循環に繋がりますね。

 

そのため皮膚の状態を保つことも大事ですが、体内の免疫バランスを整えることもとても重要となりますので注意をして下さいね。

アトピー性皮膚炎 皮膚にバリアを保つための方法

皮膚の状態を保つためには、皮膚の状態を正常に保つことが大事です。

 

「皮膚の水分を補うこと」

「皮膚に水分を保つこと」

「水分を逃がさないこと」

 

この3つがアトピー性皮膚炎の症状を表に出さないために大事な要素となっています。

 

 

特に症状がでるのが皮膚の乾燥によるものが大きくなりますので皮膚に状態を清潔に保って乾燥をさせないことはとても重要な要素となってきますね。

 

あとは体内の免疫機能のバランスを整えることですがこれは米のしずくがおすすめです。

 

乳酸菌の健康食品となっているのですが体の中の免疫バランスを整える力をもっていますのでアトピー性皮膚炎の方におすすめの商品をなっていますので中からアトピーを効果的に治療していきましょう。

コメントを残す