アレルゲンフリーで安心な乳酸菌

【米のしずく】菊正宗酒造の乳酸菌「LK-117」配合

アトピー性皮膚炎に乳酸菌が効果のあることを説明

アトピー性皮膚炎は乳酸菌でも効果が高いとして話題になっています。

 

説明をしてると、アトピー性皮膚炎の症状にありますね。

 

アトピー性皮膚炎の症状と聞くとどんなことを思い出しますか?皮膚のかゆみ、痛み、じゅくじゅくになるなど皮膚の状態が悪化することが多いです。

 

この症状が出ている本人はつらいですが、それを近くで見ているほうもつらいものがありますよね。

 

もちろん皮膚の状態をよくするためにステロイドなどの薬を塗り込むことも重要となりますがそれだけでは根本の改善にはなりません。

 

アトピー性皮膚炎に対しては、皮膚へのアプローチをするだけでなく体の中から改善をしていくことが重要です。

アトピー性皮膚炎は乳酸菌で治す説明 原因を改善する

アトピー性皮膚炎の症状が出てくる原因として一番言われていることは「免疫機能のバランスの崩れ」があります。

 

免疫機能は体にとってよくないものなどが入ってきた場合に戦ってくれる大事な機能となっています。

 

そんな免疫機能が体にとってよくないものが近づいてきたということで戦うことによりアトピー性皮膚炎のかゆみや痛みなどの症状が現れるということになりますね。

 

もちろん機能としては大事なことなのですが、アトピー性皮膚炎を持っている方にとっては症状が発症することになりますのでデメリットも高いものとなります。

 

この時に免疫機能のバランスが崩れている状態です。

 

免疫機能をつかさどっている機能には「ヘルパーT細胞」が大きく関係をしており、1型と2型の2つのヘルパーT細胞がバランスをとって体と戦ってくれています。

 

しかし、アトピー性皮膚炎の症状が出ている際にはヘルパーT細胞の2型が優位になっている状態となりますね。

アトピー性皮膚炎は乳酸菌で緩和できる説明

そこで乳酸菌を摂取することにより体の症状を根本から改善していくことが可能となります。

 

免疫バランスを整えてる力のある乳酸菌を飲めば1型のヘルパーT細胞を増やしてくれますので免疫バランスが整い最終的には体の状態もよくなるというメリットがあります。

 

また、アレルギー物質などが来たことにより免疫機能と戦うことになりますがその際に腸内のバリアももろくなっていますのでさらに悪化を招く可能性もあります。

 

乳酸菌を飲むことにより腸内環境も整えてくれますので体にもメリットがありますね。腸内環境を整えて腸内の壁を修復することによりアレルゲンの物質を防ぐことも可能となります。

コメントを残す