アレルゲンフリーで安心な乳酸菌

【米のしずく】菊正宗酒造の乳酸菌「LK-117」配合

アトピー性皮膚炎に乳酸菌の効果はある

アトピー性皮膚炎に対して乳酸菌は効果を発揮してくれるものなのでしょうか?

 

これについてはいろいろな意見がありますのでいろいろと実際に調べてみました。

 

アトピー性皮膚炎が起る原因をしては体の免疫機能のバランスの崩れやそのときの環境など様々な要因が関係をしてきますが、皮膚への治療は最終的には根本の治療にはなっていないと言うことがわかっています。

 

しかし、乳酸菌を取ることにより根本からの治療には役に立つというデータもありますのでそこを紹介していきたいと思います。

アトピー性皮膚炎は乳酸菌の効果で改善できるのか?

アトピー性皮膚炎の症状が起っているの免疫機能が過剰に反応をしていることにより起こることが原因です

 

ウィルスやアレルゲン物質などが体に近づいてくることにより体はそれから守ろうと免疫機能が働きます。その際に抗体を出すことにより体を守るのですが、その抗体がかゆみや痛み、じゅくじゅくなどのアトピー性皮膚炎の症状に現れてきます。

 

それが起るのは免疫機能のバランスの崩れによるものです。

 

免疫機能にはヘルパーT細胞1型とヘルパーT細胞2型があります。この2つがバランスを整えていれば体に大きな原因がないのですが、アトピー性皮膚炎の場合は2型の細胞が優位になっておりバランスを崩している状態となります。

 

そうなると免疫機能のバランスも崩れてしまい抗体が発生をしてアトピー性皮膚炎の症状が現れます。

 

そのため、根本の改善をしてはアトピー性皮膚炎の症状を発症させる免疫機能を整えることが何よりも方法だと言うことがわかりますね。

アトピー性皮膚炎に乳酸菌が効果を発揮 腸内環境を整える

アトピー性皮膚炎の症状や根本の改善に乳酸菌の働きはとても良いものとなります。

 

乳酸菌は腸内の環境を整えてくれる働きを持っているのですが、実はアトピー性皮膚炎の方の場合は症状が出ている際に薄くなっている腸内からウィルスなどが侵入をすることもあります。

 

そのため、乳酸菌を取ることにより腸内の薄くなった部分を修復してくれる働きも持っています。

 

また、米のしずくと呼ばれている菊正宗の健康食品はアトピー性皮膚炎に対して強い体を作る乳酸菌として人気を集めています。

 

米のしずくには先ほど紹介をしたヘルパーT細胞1型とヘルパーT細胞2型のバランスを整えてくれる力があり優位になっている2型に対して1型を補ってくれますのでより効果も期待できるものとなっています。

 

乳酸菌の中でもアトピー性皮膚炎に対して効果の高いものもありますので試してみて下さいね。

コメントを残す