アレルゲンフリーで安心な乳酸菌

【米のしずく】菊正宗酒造の乳酸菌「LK-117」配合

アトピー性皮膚炎を改善 米のしずくの効果

アトピー性皮膚炎の症状は強いかゆみや場合によっては痛みも伴うこともあります。

 

特にかゆみの症状は深刻となっており季節の変わり目や体調によっては夜に眠れなくなったり、昼間の集中力が低下をしたりと日常生活にも影響が出てきてしまいますよね。

 

しんどいですが、そのままにしている人も多いのがアトピーです。もし放っておくと重症になることもありますので早くアレルギー性皮膚炎の改善に動くことが大事です。

 

治療の方法としては、アトピー性皮膚炎の治療は、スキンケア、アレルギー反応の抑制、炎症の抑制を目的として、薬による治療を中心に行います。症状によって薬の使い方が変わってくるので、そのときの状態に合った治療を続けることが大切となっています。

 

アトピーの治療は短期で終わる事はほとんどなくどちらかといえば長期化する傾向にあります。そのため、体に薬を塗ったりする概要治療だけでなく内側からの治療も重要となってきます。

 

かゆみが起こるとストレスが多くなりますので少しでも負担を軽減させるために外側の治療と内側の治療の両方をしていきましょう。

アレルギー性皮膚炎には乳酸菌

アレルギー性皮膚炎になった方は毎日かゆみに悩まされることになりますが、薬を塗るだけでは効果は薄まります。

 

そこでオススメをしたいのは腸内改善を行い体の調子を整えると言うことです。実はアトピーが起こっている理由としては、腸内の免疫機能に関わりのあるヘルパーT細胞のバランスが崩れることにあると言われています。

 

1型と2型があるのですが。2型が優勢になりバランスが崩れることによりアトピーを誘発していると言われています。

 

しかし、菊正宗が作っている乳酸菌飲料である米のしずくを飲むことにより1型を増やしてバランスと整える働きをしてくれます。そのため、アトピーの改善に役立つと言われていますね。

 

もちろん他にもアレルゲン物質を極力無くしておくと言うことも大事な方法と言えますね。

アトピー性皮膚炎の改善の方法

先ほどの乳酸菌を飲むと言うことや病院へいって肌に塗る薬をもらうことなどいろいろな方法を組み合わせることによりアトピー性皮膚炎は改善へと向かっていきます

 

乳の素材のものを摂るとよりアトピーが悪化をするという方もいますが、米のしずくは元がお米なので日本人にはなじみやすいというメリットもあります。

 

すぐに改善をは行きませんが根気強くアトピーの改善へ向けて腸内から整えていきましょう。

コメントを残す