アレルゲンフリーで安心な乳酸菌

【米のしずく】菊正宗酒造の乳酸菌「LK-117」配合

アトピー性皮膚炎は乳酸菌を利用して腸内細菌を活発化させる

アトピー性皮膚炎の症状が出る原因はだいぶとわかってきています。

 

中でもいろいろな関係性を見ていった場合に大事なことは「免疫機能のバランス」になるみたいですね。

 

免疫機能は体の防衛反応の1つとなっています。

 

免疫機能は体に悪いものであるアレルゲンや細菌などの侵入を防ぐために必要なものとなっており、実際に侵入者が来るとなった場合には戦ってくれる細胞となっています。

 

これは体にとって当たり前の機能となっていますが、この免疫機能のバランスが崩れると体に悪い細菌などが体に侵入をしてくることになります。

 

そうなるとアトピー性皮膚炎のアレルゲンが体の中に侵入をしてくるということになりますのでアトピー性皮膚炎の症状であるかゆみやじゅくじゅくなどの症状を引き起こす可能性を秘めていますね。

 

免疫機能にはヘルパーT細胞1型とヘルパーT細胞2型の2つの細胞がありますが、この2つのバランスは整っていることにより体の調子を整えているというメリットがあります。

 

しかし、アトピー性皮膚炎のを発症している時にはヘルパーT細胞2型が優位になりバランスと崩している状態になりますのでアレルゲンや細菌、花粉などがどんどん体内に入ってくることになります。

 

それを未然に防ぐための機能が崩れることにより体の中に侵入をしてきますので注意をしましょう。

 

そこで、アトピー性皮膚炎の症状が発症をしている状態になるなら自分から意図的に免疫機能のバランスを整えることがとても重要となります。

 

一番のおすすめは米のしずくになりますね。

 

こちらは菊正宗が作っている乳酸菌の健康食品となっています。

 

飲むことのにより免疫機能のバランスを整える力をもっていますし、腸内環境を整えてくれますので善玉菌が体によい働きをしてくれるというメリットが生まれますね。

 

また、米のしずくにはヘルパーT細胞1型を増やす働きももっていますので免疫機能のバランスが崩れている場合にそれを整えてくれる働き持ちます。

 

そのようなメリットがありますので米のしずくはアトピー性皮膚炎に対して強い体を作ってくれる商品になります。

 

大手の酒造である菊正宗が神戸大学と共同開発でつくりあげた乳酸菌のLK117は体にとってもメリットのあるものとなりますので少しでも体の調子をととのえていきたいとおもっているならおすすめです。

 

 

特にアトピー性皮膚炎で悩んでいる方は、継続して飲むことにより効果を発揮しますので継続して飲むことをお勧めします。

コメントを残す