アレルゲンフリーで安心な乳酸菌

【米のしずく】菊正宗酒造の乳酸菌「LK-117」配合

アトピー性皮膚炎を乳酸菌が改善は本当

アトピー性皮膚炎の治療を行うとなった場合に大事なことは、アトピー性皮膚炎の根本から治療をすることです。

 

皮膚に薬を塗ったり、肌が乾燥をしないほうに保湿をしたり、長風呂を控えたりもちろんアトピー性皮膚炎の肌のケアもとても重要なのですが皮膚に治療や処置は一時的なことが多いです。

 

アトピー性皮膚炎が子供の病気と今までは思われていること多かったのですが、最近では子供だけでなく大人の発症をする「大人アトピー」も話題となっています。

 

アトピー性皮膚炎の治療をするには、根本の原因について知ることが大事となっていますので理解をしておきましょう。

アトピー性皮膚炎を乳酸菌で改善 症状について

アトピー性皮膚炎の症状といえば、肌のかゆみや痛み、じゅくじゅくなどその肌の状態によって様々となっていますがアトピー性皮膚炎が起る原因は同じです。

 

アトピー性皮膚炎が起る原因は体内にある免疫機能のバランスの崩れが大きな原因となってきます。そのため、体内の免疫機能に以上が起ると皮膚に症状が現れると言うことになりますね。

 

免疫細胞はウィルスなどの外敵から守る力を持っています。そのため、外敵などが侵入をしてきた場合に攻撃をして侵入者を撃退するという体にとってとても重要な力を持っていますね。

 

その攻撃をしてくれるのが「IgE抗体」をつくってくれるのですが、この細胞が肌のかゆみや痛みを引き起こすと言われています。

 

免疫機能にはTh1細胞とTh2細胞の2つが存在をしていますが、アトピー性皮膚炎の症状が出ている場合にはTh2細胞が優位になっている状態なのでそれを抑える必要があります。

 

アトピー性皮膚炎の症状を抑えるためにはこの2つの細胞のバランスを整えておくことがとても重要となりますね。

アトピー性皮膚炎を乳酸菌で改善 腸内環境を整える

アトピー性皮膚炎は乳酸菌を取ることで改善できると言われています。

 

その効果としては、アトピー性皮膚炎の方は腸内の壁のバリア機能が弱っている可能性があります。その弱っている場所からアレルゲン物質が侵入をしてきて症状を発症させる可能性があります。

 

しかし、乳酸菌を摂取することにより体内の腸内環境を整えればアレルゲンの侵入を防ぐことも可能となりますしIgE抗体の働きを抑えたり、Th1細胞とTh2細胞のバランスを整える力があると言われています。

 

例えば、乳酸菌の健康食品である菊正宗の米のしずくは免疫機能のバランスを整える力を持っていますのでアトピー性皮膚炎に効果があると言われていますので試してみてくださいね。

One Response to “アトピー性皮膚炎を乳酸菌が改善は本当”

コメントを残す