アレルゲンフリーで安心な乳酸菌

【米のしずく】菊正宗酒造の乳酸菌「LK-117」配合

アトピー性皮膚炎は遺伝 子供もアレルギーになるのか

アトピー性皮膚炎の症状といえばかゆみやじゅくじゅくなど体に異変が起こることを言います。

 

症状が出ている本人もつらいものがありますが、かゆがったり痛がったりしている本人を見ている親もつらいものがありますよね。

 

そんなときに気になることが「アトピー性皮膚炎は遺伝なのか?」ということです。

 

そのあたりについて調べてみましたし、アトピー性皮膚炎の症状を和らげる方法についても書いています。

アトピー性皮膚炎の遺伝の確率

結論から書いていきますと、遺伝をする可能性があります。

 

実際大学病院や医師の研究で出ているデータがあり、両親の片方にアトピー性皮膚炎の症状を持っている場合には子供がアトピー性皮膚炎になる可能性が2倍になりますし、両方の親がアトピー性皮膚炎の場合には4倍で子供に遺伝をする可能性があると言われています。

 

もちろんこれは調査に基づくものなので確実とは言えないのですが、確率をして高いということがいえますね。

 

遺伝の可能性はもちろん否定をすることはできません。

 

そのため、アトピー性皮膚炎の症状を子供が感じた場合には子供の症状を少しでも和らげるために対策をしてあげましょう。

 

薬で痛みやかゆみを抑えるという方法はありますが、それだけでは難しい場合もありますのでできれば体の中の根本から抑えていきましょう。

 

できることは「食生活を整える」「生活リズムを整える」などいろいろとありますが、アトピー性皮膚炎の症状が発症をする理由は免役細胞の乱れからくるものということが研究でもわかっていますのでそこを抑えれば症状を和らげることができます。

 

そこでおすすめは菊正宗の作っている米のしずくになりますね。

アトピー性皮膚炎は遺伝をする 予防の方法

予防の方法はいろいろとありますが、米のしずくはおすすめです。

 

大人アトピーはもちろんですが、子供アトピーにも最適な商品となっておりアレルゲンフリーで飲むことができる商品として人気です。

 

実際に飲むとなった場合にはヨーグルトテイストなので比較的飲みやすく作られているという点も子供にとってありがたいですね。

 

米のしずくは免疫機能の乱れにより起こるアトピー性皮膚炎の症状を和らげる効果を持っており、実際に飲むとなると免疫機能の乱れている細胞を整える力をもっています。

 

継続して飲むことにより、免役機能のバランスもよくなりますのでメリットも高いです。

 

米のしずくはアトピーに症状に対して強い体を作るとして人気になっているみたいですね。

 

コメントを残す